Keyfact│キーファクト

朝日広告社(ASAKO)は、広告主の複雑化するマーケティング課題に対して、最善のソリューションを提供し、ビジネス拡大へとナビゲーションする総合広告会社です。
各種データを駆使したマーケティング力と専門性の高いソリューション力で、変化するコミュニケーション環境に対応し、進化を続けていきます。

PDFダウンロード

創業1924年

朝日広告社は、大正時代のいわば「広告ビジネスの黎明期」に朝日新聞の広告を取り扱う広告代理店として創業し、高度成長期には、さまざまな広告ノウハウを提供する総合広告会社へと業容を拡大しました。近年では、2024年の創業100周年に向けた経営ビジョン「コミュニケーション・サイエンス・カンパニー®」を掲げ、新たな挑戦を続けています。コミュニケーション環境の変化を的確にとらえ、新聞やテレビなどマスメディアをはじめ、デジタル領域、クリエイティブ領域、セールスプロモーション領域など幅広いコミュニケーション領域で独自性の高いソリューション提供を行い、企業、生活者、社会の豊かな「つながり」を創造していきます。

全国20拠点のネットワーク

本社、支社、支局、グループ広告会社をあわせて全国20拠点と広告会社では有数のネットワークを有しています。広告主のさまざまなプロモーションイベントや全国キャンペーンなど、あらゆるニーズに連携を図ってサポートしています。

朝日新聞グループの中核広告会社

朝日広告社は、朝日新聞社をはじめとする朝日新聞グループの中核広告会社として、テレビ朝日系列局などの放送局とも連携し、グループのメディアパワーを活かしたコミュニケーションサービスを広告主に提供しています。 グループが誇る新聞、放送、雑誌などのマスメディア領域をはじめ、主催イ ベントなどの事業領域、デジタルサービス領域など幅広いビジネス領域で連携を図っています。

1,850社以上の広告主との取引実績

国内外1,850社以上*の広告主との取引実績があります。幅広い業種にわたる企業・商品・サービスの広告コミュニケーション活動を誠実にサポート。多くの経験と培ったノウハウを活かして、ビジネスパートナーとして広告主のビジネス拡大に取り組んでいます。(*2018年度実績)

朝日広告社の売上構成比

2018年度の売上構成比は新聞、テレビ等マス4媒体のシェアが全体の58.9%を占めています。
媒体別売上では、新聞25.2%、雑誌3.8%、ラジオ2.1%、テレビ27.9%、インタラクティブ12.7%、ODM4.6%、クリエイティブ14.9%、マーケティング・プロモーション8.7%、その他0.3%となっています。特に、主要広告会社の中でインタラクティブ(インターネット広告)の売上構成比は12.7%と高くなっています。 *
(*2018年度公表売上)

博報堂DYメディアパートナーズとの資本業務提携

博報堂DYメディアパートナーズとの資本業務提携により、テレビ、ラジオにおけるスケールメリットを活かした効果的なバイイングを実現。メディアプランニングやスポーツ、エンターテインメント領域など同社が持つ広範な業務領域においても連携強化を図っています。
メディア環境が大きく変化する中、日本最大のメディアエージェンシーの知見と経験を活かすとともに、営業と専門スタッフがフロントラインで広告主のニーズに応えることで、取引領域の拡大につなげています。
2010年の資本提携後から2018年度までの過去9年間のテレビ売上は152.8%、ラジオ売上は157.5%と伸長しており、テレビ、ラジオ合計の売上高は121億円*となっています。
(*2018年度公表売上)

統合マーケティングサービスを基盤とするソリューション機能

朝日広告社は、広告主の課題に応じて各部門のスペシャリストが有機的に結びつき、各種データを駆使したマーケティング力と専門性の高いソリューション力で独自のコミュニケーションサービスを行うために組織強化を図り、広告主の課題解決に取り組んでいます。特に、独自のブランディング・メソッドや、様々なソリューションサービスの開発と提供を強化することで、変化に対応した広告主のコミュニケーション戦略の最適化をきめ細かくサポートしています。 広告主を担当する営業がメディア、クリエイティブ、マーケティング、デジタル、 セールスプロモーション、ダイレクトレスポンスなどのプランニング・ソリューション部門と緊密に連携し、広告主と目標を共有したPDCAによる最適解を提案・ 実行します。

マーケティングのデジタルシフトを先導

私たちは、いち早くインタラクティブメディアに注目し、広告プロモーション展開への活用、ネット会員組織やECサイトの構築・運用、各種キャンペーンのプロデュースをはじめ、国内外のテクノロジー企業との提携による独自商品の開発やマーケティングのデジタル化に関わる数々の研究を行ってきました。
「アトリビューション・マネジメント」や「第三者配信」などの分野では、広告・マーケティング業界全体への啓発・浸透にも貢献し、近年ではマーケティングデータ統合管理プラットフォームの開発やAI(人工知能)を活用した顧客分析と広告配信への活用の実証も実施。最先端のデジタル・テクノロジーと進化するデジタルメディア環境を先取りして、広告主のデジタル・トランスフォーメーションを支援しています。