朝日広告社オフィシャルサイトへリンクリクルート2020

メニューを閉じる

メニューを開く

羽田康祐さんのメイン写真

現在の仕事内容を教えてください。

答えの開閉

羽田康祐さんの仕事風景

プランニング部を率いるリーダーとして、プランニングディレクターをしています。様々なクライアントに対して事業戦略・マネジメント・ブランド戦略・コミュニケーション戦略などの支援を行うのがメインの業務です。広告会社の業務の枠を越えた様々な業務を担っています。

あなたにとっての「Science」、「Creativity」とは何ですか?

答えの開閉

羽田康祐さんの写真

私にとって「Science」とは「納得感」を創ること。「Creativity」とは「感情を揺さぶるような驚き」を創ること。
さらに、自分が率いるストラテジックプランニング部では「Impact」も加えています。これは「仲間や社会に良い影響を与えること」という意味です。
この3つを通して「創造的な問題解決」を目指しています。

どんなキャリアを過ごしてきましたか?

答えの開閉

大学卒業後に広告ベンチャー企業に営業職として就職しました。その後、マーケッターとして雑誌広告に強い広告会社に転職しましたが、その会社が倒産。その後ASAKOに入社しました。ASAKOでマーケッターとして勤務する傍ら自費で国内ビジネススクールに通い、一度ASAKOを退職し外資コンサルに転職。そして3年後の2010年、再びASAKOに入社した、という波乱万丈なキャリアです。

あなたが今後、業務で取り組みたいことを教えて下さい。

答えの開閉

羽田康祐さんの写真

あらゆる企業を、ビジネスだけでなく社会にも位置づける仕事です。そうすれば、その企業は社会で果たすべき使命を持ち、社会からの共鳴感情を引き出すことができるようになる。すると、その企業で働く人達は自分達の使命に誇りを感じ、仕事は今よりも意義あるものに変わっていく。その結果、企業で働く人達の目的と社会の目的が一致して、社会はより良い場所に変わっていく…。そんな世の中を実現したいし、ASAKOにはそれができる自由な環境があります。

1日のスケジュール

10:30

出社

フレックスタイム制なので10:30頃に出社

11:00

リサーチ

オフィスでデスクトップリサーチ

オフィスでデスクトップリサーチ

12:00

ランチ

キッチンカーで買ってきたランチをオフィスで

13:30

チームミーティング

クライアント担当チームでミーティング

14:30

ワークショップ

クライアントと合同ワークショップ

16:30

ワークショップツールの確認

ワークショップツールを確認

ワークショップツールを確認

17:30

ミーティング

部のメンバーが作成した提案書をレビュー

部のメンバーが作成した提案書をレビュー

19:30

退社

退社後は書店へ

退社後は書店へ

  • オフィスでデスクトップリサーチ
  • ワークショップツールを確認
  • 部のメンバーが作成した提案書をレビュー
  • 退社後は書店へ

休日の過ごし方

家族と過ごすの休日

セキセイインコ

休日は、妻・子どもと一緒に家でまったりしていることが多いです。時々、子どもがお菓子を作ってくれたりするので、それを手伝ったりするのも楽しいひと時です。また、セキセイインコとオカメインコを飼っているのですが、とてもなついてくれています。

メッセージ

羽田康祐さんの写真

「なぜ外資コンサルから出戻ったのか?」と聞かれることが多いですが、その理由は2つです。1つ目は「何のために働くのか?」を考え抜いた結果です。ASAKOは「単に戦略を考えて終わり」でなく「実行支援」までできるので、多様なクライアントと同じ夢を見ながら、最後まで並走していける環境があります。そして2つ目は「誰と働きたいのか?」を考え抜いた結果です。。私はこれまで4社を経験していますが「気の置けない仲間がいる」という点でASAKOは抜きんでていると感じます。就職活動は大変だと思いますが「自分は何のために働きたいのか?」を考えるのはもちろん、面接などを通して「どんな人と働けるのか?」を意識してみてください。