インバウンド市場 最新情報

 

朝日広告社 R&D 室では『常に過去最高を更新するインバウンダー市場』に着目し、当社の海外提携パートナーも含む、各方 面からの情報を収集・蓄積してまいりました。
この度、当社では、これらのデータを今後ますます成長が予想されるインバウンドプロモーションの概要資料としてまとめました。

 


 

日本政府観光局(JNTO)によると2014年通年の訪日外客数は1,341万人(前年比 129.4%)と大幅に増加し2020年の2,000万人の目標達成が、現実味を帯びてきました。

またこれは、2030年時点での政府目標の訪日客 3,000万人達成も視野に入ってきたことを意味しています。

訪日外客数が前年を上回るのは3年連続となっており、訪日外国人1人当たりの旅行消費額も前年(1兆4,167億円)比43.1%増の2 兆278 億円と推計され、こちらも過去最高額を記録しました。(観光庁調べ)

この旅行消費額を費目別にみてみると、注目すべきは、2014年は『(訪日時の)買い物代』が前年 1 位の『宿泊費』を完全に上 回っており、まさに「爆買い」とも呼ばれる旺盛な『買い物』への意欲・行動を示す現象として記憶に新しいことと思います。

 

こうしたインバウンド市場の拡張の主要因としては、次が挙げられます。

■消費税免税制度拡充

■アジア地域の経済成長に伴う海外旅行需要の拡大

■LCC の開設、クルーズ船の大量増便による旅客輸送量の拡大

■円安進行による訪日旅行の割安感の浸透

■観光庁、JNTO が中心となって取り組んできた訪日プロモーション

■日本国内の百貨店、小売業、ドラッグストア・チェーン、旅行会社等のインバウンド需要と購買力を見込んだインフラ整備 (Wi-Fi 完備、現地語対応の店員配置、銀聯カード等のクレジットカードの対応、インバウンダ―用人気・売筋商品の大量陳列、 割引クーポンプロモーション等)

■対象企業によるインバウンダー対象の広告出稿、販促プロモ―ション実施等の積極的な施策立案・実行が市場を急激に加速したとも言えそうです。

 

訪日市場が今後ますます拡大する可能性ある、巨大で注目に値する市場であり続けること、まだまだ、商機を飛躍に拡大で きる市場機会を有することはもはや疑いの余地がありません。

私共、朝日広告社はこの『常に過去最高を更新するインバウンダー市場』に着目し、当社の海外提携パートナーも含む、各方 面からの情報を収集・蓄積し『独自の着眼点』と共に『知見』を蓄積してまいりました。

■注目のインバウンダ―マーケットを分析する

■訪日インバウンダ―の『訪日前と訪日中の情報収集活動』に着目する

■彼らの『行動導線』を基点とした各フェーズ毎のメディア・アプローチを考える

■彼らの『目的消費』から『目的外消費』へシフトさせる施策の提案を行うなど

 

今後ますます、需要への取り組みが大きな課題となる同市場に関するイノベーティブな攻略ポイントを私達は提供させていただきます。

 

※『訪日外国人観光客向け行動導線とコンタクト・メディア モデルフロー』はPDFをご覧ください。

ニュース一覧へ